今、2年生の授業では「金属床」というものを作っています。

これは入れ歯の歯茎に接する部分になります。

 

現在は「研磨」という磨きの作業を行っているところです。

 

dt160630_01

 

研磨の途中です。

 

 

 

ここまでの製作工程は…

 

dt160630_02

 

まず練習用模型で、作りたい金属床の形にワックスを盛り上げる練習。

 

dt160630_03

 

そして本番!

 

その後ワックスを金属に置きかえたら、

 

dt160630_04

 

模型に戻して調整します。

 

dt160630_05

 

このような道具で磨いていきます。

 

 

そして完成!!

 

dt160630_06

 

金属床の入れ歯は、よく見かける「レジン」というピンク色の材料を使った入れ歯と比べ、

強固で折れにくく、たわみも少なく利点が多いのですが、高価で製作するための高度な技術や特殊な装置が必要となります。

 

2年生も入学してまだ1年ちょっとしか経っていませんが、ここまでのものが作れるように

なりました。

 

成長だね!!

 

歯科技工学科 佐々木

一覧に戻る arrow_forward